12月 22

SK3クランク1号.jpg

街乗りなアドレス110(ブルー号)が、クランクベアリング死亡で
エンジンがモトクェスト入院となりました。


そんで、ベアリング交換してエンジン復活!!と思いきや
エンジン始動で「コトコトコト!!!!」と音発生。
「おや?コトコト鳥??」そんな鳥はいないので、エンジン組み直したときに、何かしでかしたかと思い、交換した部品を組みなおす羽目に。。

・ヘッド交換→直らない。。
・ベースガスケット増やす→直らない。。
・ビックリードバルブのガイド削る→直らない。。
・駆動系をキックできる最低限にする→直らない。
・ボアアップキット丸ごと交換!!!→直らない。
ってか、クランク本体しかもう無いでしょ!!!

でっ、新品クランクを注文!!
でっ、はずしたクランクをモトクェストさんで
計測したところ。。
モト「芯精度50/100ですた。。」
私「ぇ?ひゃくぶんのごじゅう??」
モト「え?と、1/2ともいいます。」
私「・・・・・」
(ちなみに新品は5/100ぐらいかな?)

結局は、クランクベアリング破損してるのに、
走り続けた罰があたったということでしょうか。。
ベアリングが逝ったエンジンは早めに修理しましょう。

written by taketo


4 Responses to “クランク交換 その1”

  1. 26 Says:

    コトコト煮込みすぎましたね?音が出たら交換だが判断が難しい所です。

  2. Fキチ Says:

    頻繁に見てますよー。あのクランクはタケトさんのものでしたか。さぞかし通勤が不便になったことでしょう・・。

  3. TAKE Says:

    読者が2人もいて感激!!

    26さん:
    はい、煮込みすぎました。
    煮込みすぎて、ジャガイモの無くなったカレーのようです。

    Fキチさん:
    電車ってのも良いですよ。
    そろそろDS-Liteでも買おうかと。。

  4. 26 Says:

    電車になれるとバイクに乗りたく無くなります。
    そんで、乗る言い訳を作らないと乗らなくなります。

    私は今、経済的事情を隠し
    ecoでロハスを気取って電池ャリで通勤です。
    ですが、本音はスクーターのが楽です。。

    死愚茄子07ほっすぅいぃぃ!

    ボーナス出せ!給料上げろ!!